日本ヌアボーランスクール・トップページ
TTMA日本トラディショナルタイマッサージ協会リンク
 
3-13-25 Gokurakuji Kamakura-shi Kanagawa Japan
 
2-20-8 Ebisunishi Shibuya-ku Tokyo Japan
 
TEL 0120-706-705
 
About Nuad Bo Rarn School
スクールの特徴
フローチャート
コースラインナップ
カリキュラム
指導員・講師陣
バックアップ体制
よくある質問と答え
卒業生/在校生の声

Enjoy & Entry
無料体験セミナー参加申込み
体験入学/見学申込み
コース受講申込み
就職相談/開業相談
お問い合わせ

TTMA Service
TTMA NEWS & TOPICS
TTMA資格ガイドマップ
TTMAプロ資格認定試験
TTMA奨学制度/教育ローン
TTMA提供の求人案内

Business Support
DVD通信販売
開業サポート一覧
開業サポート申込み
出張指導

Map
アクセスマップ
宿泊施設案内

School Information
インフォメーション
プレス/マスメディア情報
プライバシーポリシー
特定商取引に関する情報

日本ヌアボーランスクール
フリーダイヤル:0120-706-705
独立開業・就職・資格のご相談はメールでお気軽に!

ヌアボーラン・テクニック18


道具を使う With Tools

 タイ古式マッサージでは、状況に応じて道具を使うこともあります。オイルは基本的に使用しませんが、プラコップと呼ばれるタイハーブ(サムンプライ)を布でくるんだものやタオル、ブランケットなど、さまざまなものを使用します。リフレクソロジーで主に使用するスティックを使用することもあります。

 一枚のタオルをまるめて細長くし、首の後ろに回して引き上げながら、首の凝った筋肉にアプローチをしたり、ブランケットを使って腰を左右にひっぱってストレッチングをしたりと、単なるタオルやブランケットを上手に使って効率よく施術に活かしているのが特徴です。こうした施術方法は、本科のすべての総合コースで学べます。専科では、タイ古式マッサージの上級応用編「実践アドバンスコース」で学ぶことができます。

 プラコップは、スチームした状態で使用しますから、ハーブのエッセンスが肌に効果的なだけでなく、温熱効果もありますから、鍼灸治療の要領でツボに押し当てたり、2つのボールを手のひらのように使いながらウォーキングをしたり、タッピング(連続して軽くたたくこと)したり、関節にはさみながら圧と熱をコントロールしたりとさまざまな使い方があります。こうした施術法は、本科のすべての総合コースで学べます。専科では、タイ古式マッサージの上級応用編「実践アドバンスコース」で学ぶことができます。また、基本的な使い方であれば、オープンカレッジでは「オリエンタルハーバルセラピー」講座で学ぶことができます。細かな施術法がわからなくても、比較的簡単に習得できるハーバルセラピーは、リゾートスパのトリートメントには欠かせないテクニックのひとつで、日本では特に冬場の温かい施術法として人気が高いものです。また、このハーブは、サウナとしても使用できるもので、これだけで、タイのエッセンスを使ったメニューを提供することができます。ハーブはTTMAで購入できます。(詳しくはこちら

 
 
 
 

タイ古式マッサージ実績No.1の日本ヌアボーランスクール

タイ古式マッサージ・日本ヌアボーランスクール・フリーダイヤル
Copyright (c) 2002 The Nuad Bo Rarn School All Rights Reserved.