日本ヌアボーランスクール・トップページ
TTMA日本トラディショナルタイマッサージ協会リンク
 
3-13-25 Gokurakuji Kamakura-shi Kanagawa Japan
 
2-20-8 Ebisunishi Shibuya-ku Tokyo Japan
 
TEL 0120-706-705
 
About Nuad Bo Rarn School
スクールの特徴
フローチャート
コースラインナップ
カリキュラム
指導員・講師陣
バックアップ体制
よくある質問と答え
卒業生/在校生の声

Enjoy & Entry
無料体験セミナー参加申込み
体験入学/見学申込み
コース受講申込み
就職相談/開業相談
お問い合わせ

TTMA Service
TTMA NEWS & TOPICS
TTMA資格ガイドマップ
TTMAプロ資格認定試験
TTMA奨学制度/教育ローン
TTMA提供の求人案内

Business Support
DVD通信販売
開業サポート一覧
開業サポート申込み
出張指導

Map
アクセスマップ
宿泊施設案内

School Information
インフォメーション
プレス/マスメディア情報
プライバシーポリシー
特定商取引に関する情報

日本ヌアボーランスクール
フリーダイヤル:0120-706-705
独立開業・就職・資格のご相談はメールでお気軽に!

ヌアボーラン・テクニック03


手のひらを使って圧迫する Palm Press

 手のひらを使って圧迫する手法は、広く使われるポピュラーテクニックのひとつです。広く面で捉えてじわーっとした感じを出すのに適しています。タイ古式マッサージでは、母指でセンを圧迫した後にこの手法が多く用いられます。左右の手を重ねて強い圧迫を行ったり、交互にウォーキングしたりします。手のひらと一口にいっても、全体を広く使ったり、手根(手首よりの部分)を使ってセンをとらえたりできます。左右への微妙な傾け方で筋肉を的確にとらえたりツボに相当する部分にアプローチをすることもできます。こういった微妙な手の使い方には個性が発揮される部分でもあり、簡単な手法にも奥の深さがあります。

 母指を使った圧迫と同じように、レシーバーの身体の上に置いた手のひらにセラピスト自身の体重を伝えることが基本です。まるで赤ちゃんがはいはいするように、四つんばいになって体重を伝えていきます。決して手の力で押すのではありません。手は常にレシーバーの身体の状態を感じ取るための感覚器であることを忘れないで下さい。セラピストは腰を入れて重心を前方に移すことで、より手に圧がかかっていくのを感じるでしょう。いずれにしても、圧の基本は、弱→強→弱です。最初は弱い圧迫でならし、次に強い圧迫で深部にまでアプローチをし、さらに弱い圧迫で緊張をとるというのが一連の流れと考えるのがいいでしょう。

 
 
 
 

タイ古式マッサージ実績No.1の日本ヌアボーランスクール

タイ古式マッサージ・日本ヌアボーランスクール・フリーダイヤル
Copyright (c) 2002 The Nuad Bo Rarn School All Rights Reserved.