日本ヌアボーランスクール・トップページ
TTMA日本トラディショナルタイマッサージ協会リンク
 
3-13-25 Gokurakuji Kamakura-shi Kanagawa Japan
 
2-20-8 Ebisunishi Shibuya-ku Tokyo Japan
 
TEL 0120-706-705
 
About Nuad Bo Rarn School
スクールの特徴
フローチャート
コースラインナップ
カリキュラム
指導員・講師陣
バックアップ体制
よくある質問と答え
卒業生/在校生の声

Enjoy & Entry
無料体験セミナー参加申込み
体験入学/見学申込み
コース受講申込み
就職相談/開業相談
お問い合わせ

TTMA Service
TTMA NEWS & TOPICS
TTMA資格ガイドマップ
TTMAプロ資格認定試験
TTMA奨学制度/教育ローン
TTMA提供の求人案内

Business Support
DVD通信販売
開業サポート一覧
開業サポート申込み
出張指導

Map
アクセスマップ
宿泊施設案内

School Information
インフォメーション
プレス/マスメディア情報
プライバシーポリシー
特定商取引に関する情報

TTMA・日本ヌアボーランスクール
東京都渋谷区富ヶ谷2-23-8
フリーダイヤル:0120-706-705
TEL:03-5790-8164
FAX:03-5790-8163
独立開業・就職・資格のご相談はメールでお気軽に!

やってみようタイ古式マッサージ講座 Vol.06
LETS TRY! THAI MASSAGE


足で揉みほぐせ

 今回は、背中のコリを足でほぐしてみましょう。受け手には、うつぶせの姿勢になってもらい、施術者自身の体重でほぐしていきます。やってみましょう。まず、(写真14)のように足裏と足裏を合わせ、圧迫しましょう。こうすることで、心臓に一番遠い足の部分から、汚れた血液が静脈を通って心臓に押し戻されます。それと同時に酸素を多く含んだ新鮮な血液が送り込まれます。これを数分行うことで、受け手の足が次第に温まってくるのがわかるでしょう。施術者は、温度も足裏で感じる必要があります。ここでの注意点ですが、施術者の足裏には、土踏まずやかかと、指などがあって、でっぱりやひっこみがあります。ここで一番多く使うのでっぱった部分、つまり、かかとです。かかとに意識をして、特に受け手の土踏まずの部分を圧迫してあげると気持ちがいいものです。ゆっくりソフトに交互に踏み付けて行ってください。

タイ古式マッサージテクニック画像
写真14
 (写真15)では、脚や背中の上にそのままのってしまっています。単純な技ですが、いくつかのポイントがありますので、注意してください。まずは、急激に体重をかけないことです。片足をのせたら徐々に踏み込んでいき、すばやくもう片方の足ものせてしまうようにしましょう。 じわーっと 踏みながら、腿から、臀部へと歩いていきましょう。
タイ古式マッサージテクニック画像
写真15
 (写真16)では、背中に乗っています。この時には、必ず背骨の上ではなく、背筋の上にのることが大切です。骨に対して急激な圧を加えると、骨が折れてしまうなど、大きな事故につながる可能性があります。十分注意しておこなってください。サロンでは、天井付近に棒が通してある場合もありますが、自宅には通常ありませんね。何かにつかまりながら行うと安定します。
タイ古式マッサージテクニック画像
写真16
 
 
 
 
{タイ古式マッサージ講座
タイ古式マッサージ講座vol.01
肩こりを吹き飛ばせ1
タイ古式マッサージ講座vol.02
肩こりを吹き飛ばせ2
タイ古式マッサージ講座vol.03
背中のこりを吹き飛ばせ1
タイ古式マッサージ講座vol.04
背中のこりを吹き飛ばせ2
タイ古式マッサージ講座vol.05
首から頭を揉みほぐせ
タイ古式マッサージ講座vol.06
足で揉みほぐせ
タイ古式マッサージ講座vol.07
背中と腰を揉みほぐせ
タイ古式マッサージ講座vol.08
腰痛をストレッチで吹き飛ばせ
タイ古式マッサージ講座vol.09
足を使ってストレッチ
タイ古式マッサージ講座vol.10
腰をぐいぐい

タイ古式マッサージ実績No.1の日本ヌアボーランスクール

タイ古式マッサージ・日本ヌアボーランスクール・フリーダイヤル
Copyright (c) 2002 Healing Therapy Development Company Limited All Rights Reserved.