日本ヌアボーランスクール・トップページ
TTMA日本トラディショナルタイマッサージ協会リンク
 
3-13-25 Gokurakuji Kamakura-shi Kanagawa Japan
 
2-20-8 Ebisunishi Shibuya-ku Tokyo Japan
 
TEL 0120-706-705
 
About Nuad Bo Rarn School
スクールの特徴
フローチャート
コースラインナップ
カリキュラム
指導員・講師陣
バックアップ体制
よくある質問と答え
卒業生/在校生の声

Enjoy & Entry
無料体験セミナー参加申込み
体験入学/見学申込み
コース受講申込み
・就職相談/開業相談
お問い合わせ

TTMA Service
TTMA NEWS & TOPICS
TTMA資格ガイドマップ
TTMAプロ資格認定試験
TTMA奨学制度/教育ローン
TTMAグループサロン求人

Business Support
DVD通信販売
開業サポート一覧
出張指導

Map
アクセスマップ
宿泊施設案内

School Information
インフォメーション
プレス/マスメディア情報
プライバシーポリシー
特定商取引に関する情報
 
少人数レッスンフリータイムアポイント制

選択制専科「こんにゃく温湿布」

こんにゃく温湿布は、身体の臓器に相当する場所に温めたこんにゃくを湿布のように置いて熱を体内に伝えながら、体内の老廃物を吸収してデトックスしてくれる民間療法です。


◇入学金:0円
◇受講時間:3時間(1単位)
◇受講料金:33000円
◇TTMAチケット利用の場合:10枚


こんにゃく温湿布は、身体の臓器に相当する場所に温めたこんにゃくを湿布のように置いて熱を体内に伝えながら、体内の老廃物を吸収してデトックスしてくれる民間療法です。こんにゃくは別名「砂払」と言われるように身体の毒素を出すのに昔から使われてきた食材。こんにゃく温湿布では、基本的にこんにゃくを鍋で温め、タオルにくるんで身体に当てるだけの簡単療法なのだが、こんにゃくには体内の老廃物を吸収する働きがあります。こんにゃくを鍋で温め、タオルにくるんで身体に当てるだけなのだ。胃腸病や風邪・熱・慢性病・ガン・高血圧・腎臓病・肝臓病・糖尿病・結核、その他疲労などに良いと言われていて、何にでも効果が期待できる施術法です。クライアントには仰向けとうつ伏せの姿勢をとってもらいながら、ゆっくりお休みいただくのですが、1回あたりざっと60分程度で終了します。大病を患う患者さんの手当に使ったこんにゃくは翌日には溶けて縮んでしまったり、腐敗臭がしたりすることもあるくらい、デトックス効果に優れたものです。自分でもできるので、ぜひお試しいただきたいと思いますので、参考までに記しておきます。まず、こんにゃく2枚を10分ほど茹でます。熱いのでタオルにくるみます。仰向け姿勢で横たわり、肝臓と丹田の位置にもう一枚タオルを敷いて、こんにゃくを乗せます。この時、温度差が出るように脾臓の位置(左のわき腹あたり)には、濡らした冷たいタオルを置いておきます。まずは、これで、肝臓と丹田の熱いこんにゃく温湿布を30分程度行います。わき腹の冷たいタオルは温まってくるので10分くらいではずしてください。30分経過したら、肝臓と丹田のこんにゃくをとり冷たいタオルで1分くらい冷やします。次にうつ伏せ姿勢です。腎臓の位置(背中の真ん中へん)に、先程のこんにゃく湿布を置きます。まだまだ温かいのでそのまま使えます。脾臓の位置には、冷たいタオルを置きます。こちらも、腎臓30分、脾臓10分です。腎臓のこんにゃく湿布をとったら冷たいタオルで拭いて終了です。すっきりして体が軽くなるのを体感していただけそうです。ガン患者も推薦するこの療法は日本独自のものですが、自然療法は継続することで初めて効果を発揮するものですので、速効性を求められるべきものでもありません。しかし、予防医学として代替療法として推薦できる施術法のひとつです。大病を患う前に「こんにゃく温湿布」で健康を維持してください。

 
このコースに含まれているカリキュラム
 
  講座内容 単位数 受講時間
1 こんにゃく温湿布 1単位 3時間
 
 

◇コース名称
こんにゃく温湿布
 
◇時間数(単位数)

受講時間:3時間(1単位)

 
◇料金

合計:33000円

・内訳1:入学金:0円
・内訳2:受講料金:33000円
 
◇含まれている教材
・こんにゃく2個
 
◇発行される修了証
・こんにゃく温湿布修了証
 
◇TTMAチケットご利用の場合

・TTMAチケット=10枚

 
 
 
 

タイ古式マッサージ実績No.1の日本ヌアボーランスクール

タイ古式マッサージ・日本ヌアボーランスクール・フリーダイヤル
Copyright (c) 2002 The Nuad Bo Rarn School All Rights Reserved.